タイ東北部だけでなく中・南部ラオスの仏教徒たちにとって最も厚い信仰の対象となっている仏塔

イサーン各地に点在しているラオス様式の仏塔では最大級の大きさです

雄大なメコンの畔に聳え立つこの仏塔

一見の価値ありです。
 


建立された時期は不明。だいたい1500年前くらいに作られたのではないかという説が主流
イサーンだけでなく、タイ全土、対岸のラオスの人々の信仰も集める東北タイきっての名刹。高さ52メートル、四角錐の土台の一辺は12.33メートル。塔頂部は金細工で重さが110kg。1975年の嵐の夜に崩壊したがすぐ再建された。






残念ながら立地場所が非常に中途半端なところにあるためタートパノムへのアクセスはすべてバスになります。バンコクからはタートパノムまでの直行バスがでておりますが、空路はサコンナコンまたはナコンパノムからローカルバス。または空港にてリムジンタクシーの貸切(2000Bほど)でアクセス。なおタートパノムはメコン川に面した道路に2〜3件の簡易なゲストハウスがあるのみで、信頼できるような宿泊施設はありませんのでご注意。



   



リンクフリー(リンクはご自由にどうぞ)
画像の無断転載禁止


イサーンの観光、旅行の参考になれば幸いです。

このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
ght Rese
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO